明日から使えるエクササイズ

トレーナー・セラピスト・治療家がすぐに現場で活用できる「評価やエクササイズの用法」を録画形式でお伝えします。(配信予定頻度:2~3本/月)

  1. トップ
  2. 明日から使えるエクササイズ
タグで絞り込む

配信済のコンテンツ

  • Dead Bug 2

    Dead Bug 2

    【低閾値運動】インプリントの姿勢を維持しつつ、できる限りリラックスしながら行うエクササイズです。Femur ArcsやDead Bug1よりも筋力的な要求度が高く緊張しやすいため、プログレッションとして用います。

  • Femur Arcs

    Femur Arcs

    【低閾値運動】インプリントの姿勢を維持しつつ、できる限りリラックスしながら行うエクササイズです。Dead Bugとの違いは両脚が空中にあることで、筋力的な要求度はやや高くなります。

  • Adductor Pull Back

    Adductor Pull Back

    【低閾値スタビライゼーション/股関節の分離運動】股関節内旋系の中で最も使用頻度の高いエクササイズです。股関節内旋筋群の活性は勿論、同側腹筋群の活性や関節包後部のストレッチも可能です。股関節内旋機能は片足立脚時に必須となるため、プログラムの前半では必ず導入する必要があります。

  • Clam Shell

    Clam Shell

    【低閾値スタビライゼーション/股関節の分離運動】同側の股関節外旋筋と対側の腹筋群を活性する目的で使用する種目です。股関節外旋エクササイズは代償運動が起こりやすいため、ポジションと動作方向に注意を払う必要があります。本動画では、適切に股関節外旋筋群を活性しつつ、体幹の筋群とも協同させるためのテクニックをご紹介します。

配信予定のコンテンツ

配信予定のコンテンツはありません。