感覚運動科学の実践

感覚運動科学の現場応用にフォーカスした講座です。当講座で学ぶ内容は痛み・不調の改善、姿勢・動作の改善、スポーツパフォーマンスの向上まで、幅広く活用することができます。(配信予定頻度:2本/月)

  1. トップ
  2. 感覚運動科学の実践
タグで絞り込む

サンプル動画

体幹トレーニングの再定義と実践①

体幹トレーニングの目的や方法をエビデンスを基に再定義をした後に、実際のトレーニング法をご紹介します。全3回シリーズの第1回目となる今回は従来の体幹トレーニングの問題点と代替策、そしていくつかのトレーニング例をお伝えします。

配信済のコンテンツ

  • Vidual Reliance -視覚システムへの依存を克服するために運動指導者ができること ①

    Vidual Reliance -視覚システムへの依存を克服するために運動指導者ができること ①

    Visual Reliance(視覚依存)は姿勢筋緊張や障害発生率の上昇など、様々な問題を引き起こします。①では視覚依存が起こる原因やその解決法を考察し、②では視覚依存の傾向にあるクライアントへのアプローチ例をお伝えします。

  • 感覚運動科学の観点からコレクティブ・エクササイズを再考する②

    感覚運動科学の観点からコレクティブ・エクササイズを再考する②

    感覚運動科学をコレクティブ・エクササイズに応用し、より安全且つ効果的なトレーニングを実施するための術を二回に分けてお伝えします。②では現場で直ぐに実践できる指導法やプログラミングを掘り下げます。

  • 感覚運動科学の観点からコレクティブ・エクササイズを再考する①

    感覚運動科学の観点からコレクティブ・エクササイズを再考する①

    感覚運動科学をコレクティブ・エクササイズに応用し、より安全且つ効果的なトレーニングを実施するための術を二回に分けてお伝えします。①ではコレクティブエクサササイズの再定義とその科学的背景について掘り下げます。

  • 感覚運動科学と有酸素トレーニング②

    感覚運動科学と有酸素トレーニング②

    感覚運動科学の観点から有酸素トレーニングについて考察します。有酸素トレーニングには長距離走、インターバル、サーキットなど、様々な手法があり、我々はそれらを目的に応じて使い分ける必要があります。②では前回学んだ内容を活かし、現場で活用できる様々な指導アイデアをお伝えします。

  • 感覚運動科学と有酸素トレーニング①

    感覚運動科学と有酸素トレーニング①

    感覚運動科学の観点から有酸素トレーニングについて考察します。有酸素トレーニングには長距離走、インターバル、サーキットなど、様々な手法があり、我々はそれらを目的に応じて使い分ける必要があります。①では有酸素運動が感覚運動系に及ぼす影響を掘り下げ、身体作りやパフォーマンス向上を目指した効果的なプログラミングや指導法をお伝えします。

  • 感覚運動科学とストレングス・トレーニング②

    感覚運動科学とストレングス・トレーニング②

    本講座では感覚運動科学の観点を基にしたストレングストレーニングについて2回シリーズにて学びます。②では前回の内容を活かし、現場での実践アイデアをご紹介します。筋量や筋機能の向上以外の効果にも着目し、様々な目的に活用できる知識と技術を学べる内容となっております。

  • 感覚運動科学とストレングス・トレーニング①

    感覚運動科学とストレングス・トレーニング①

    本講座では感覚運動科学の観点を基にしたストレングストレーニングについて2回シリーズにて学びます。①では様々なインプットを用いて感覚系に働きかけ、より効果的なトレーニングを実施するための手法を学びます。筋量や筋機能の向上以外の効果にも着目し、様々な目的に活用できる知識と技術を学べる内容となっております。

  • 感覚運動科学の観点から骨盤帯のトレーニングを再考する②

    感覚運動科学の観点から骨盤帯のトレーニングを再考する②

    感覚運動科学を骨盤帯に応用し、より安全且つ効果的なトレーニングを実施するための術を2回に分けてお伝えします。

  • 感覚運動科学の観点から骨盤帯のトレーニングを再考する①

    感覚運動科学の観点から骨盤帯のトレーニングを再考する①

    感覚運動科学を骨盤帯に応用し、より安全且つ効果的なトレーニングを実施するための術を2回に分けてお伝えします。

  • Receptor Based Manual Approach-感覚システムを基盤としたマニュアルアプローチ_基礎編②

    Receptor Based Manual Approach-感覚システムを基盤としたマニュアルアプローチ_基礎編②

    本講座では、感覚受容器やそれらから送られるインプットを活用したマニュアルアプローチについて学びます。ライトタッチ、ディーププレッシャー、バイブレーションなど、様々な刺激を用いて即時的な緊張や疼痛を緩和し、エクササイズを実施しやすくする方法をご紹介します。

  • Receptor Based Manual Approach-感覚システムを基盤としたマニュアルアプローチ_基礎編①

    Receptor Based Manual Approach-感覚システムを基盤としたマニュアルアプローチ_基礎編①

    本講座では、感覚受容器やそれらから送られるインプットを活用したマニュアルアプローチについて学びます。ライトタッチ、ディーププレッシャー、バイブレーションなど、様々な刺激を用いて即時的な緊張や疼痛を緩和し、エクササイズを実施しやすくする方法をご紹介します。

  • 自律神経の評価と介入_基礎編②

    自律神経の評価と介入_基礎編②

    自律神経系の働きは内科的な健康のみならず、姿勢、動作、痛み、感情にも影響を及ぼします。今回は自律神経を主観的・客観的に評価し、適切なプランを作成するための知識と技術を2回シリーズにてお伝えします。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

配信予定のコンテンツ

  • Vidual Reliance -視覚システムへの依存を克服するために運動指導者ができること ②

    Vidual Reliance -視覚システムへの依存を克服するために運動指導者ができること ②

    Visual Reliance(視覚依存)は姿勢筋緊張や障害発生率の上昇など、様々な問題を引き起こします。①では視覚依存が起こる原因やその解決法を考察し、②では視覚依存の傾向にあるクライアントへのアプローチ例をお伝えします。

  • 迷走神経の基礎と応用_運動指導者が活用できるアクティブ・リカバリー戦略①

    迷走神経の基礎と応用_運動指導者が活用できるアクティブ・リカバリー戦略①

    トレーナー・セラピストが現場で活用できるアクティブ・リカバリー戦略について学びます。①では迷走神経の基礎知識や、迷走神経活性の科学的背景にフォーカスして学びます。

  • 迷走神経の基礎と応用_運動指導者が活用できるアクティブ・リカバリー戦略②

    迷走神経の基礎と応用_運動指導者が活用できるアクティブ・リカバリー戦略②

    トレーナー・セラピストが現場で活用できるアクティブ・リカバリー戦略について学びます。②では迷走神経にフォーカスした徒手的アプローチ、物理療法、リラクゼーション法、エクササイズについて掘り下げます。