明日から使えるエクササイズ

トレーナー・セラピスト・治療家がすぐに現場で活用できる「評価やエクササイズの用法」を録画形式でお伝えします。(配信予定頻度:2~3本/月)

  1. トップ
  2. 明日から使えるエクササイズ
タグで絞り込む

配信済のコンテンツ

  • Round Back Squat

    Round Back Squat

    【立位】下肢プッシュ機能の強化や過剰な脊椎伸展筋群のを抑制を目的として活用する種目です。屈曲位でスクワットを行うことで、脊柱起立筋など脊柱を伸展させる筋群の働きが抑制され、対照的に腹筋群など脊柱を屈曲させる筋群の働きが高まります。腰を反り、地面を引っ掻くようなスクワットを行うクライアントにお薦めです。

  • Squat w/Breathing

    Squat w/Breathing

    【立位】下肢プッシュ機能の強化や後縦郭の拡張を目的として活用する種目です。ボトムポジションで呼吸を繰り返すことで、吸気の伴う過剰な伸展パターンの抑制が期待できます。スクワット系エクササイズのプログレッション案の一つとしてお薦めです。

  • Single Leg Quarter Squat

    Single Leg Quarter Squat

    【立位】片足での重心・姿勢制御や下肢プッシュ機能の強化を目的として活用する種目です。両足でのスクワットが問題なく行えるクライアントが次のレベルに進む際、比較的強度の軽い当エクササイズから始めることがお勧めです。

  • Single Leg Stance

    Single Leg Stance

    【立位】適切な片足荷重ができるか確認するテスト、または片足での重心制御を鍛える訓練法として活用できるエクササイズです。片足荷重の高強度エクササイズを行う前に必ず実施してください。

  • Standing Reach

    Standing Reach

    【低閾値の屈曲運動】腹筋群、前鋸筋、ハムストリングスなどの活性を目的として使用することが多い種目です。負荷が低いため必要最低限の緊張下で動作を制御する必要がありますが、立位時に過度に緊張するクライアントには難しいタスクとなります。筋力的な要求度が低いため、屈曲エクササイズの導入期に活用することをお勧めします。

  • RoundBack Box Squat

    RoundBack Box Squat

    【立位】屈曲筋群の活性と下肢プッシュ機能の強化を目的として活用する種目です。ボックスと床の間で支持基底面と重心線が移動するため、通常のスクワットよりも高度な感覚の統合と身体制御性が求められるため、スクワット系エクササイズのプログレッションとしてお勧めです。

配信予定のコンテンツ

配信予定のコンテンツはありません。