明日から使えるエクササイズ

トレーナー・セラピスト・治療家がすぐに現場で活用できる「評価やエクササイズの用法」を録画形式でお伝えします。(配信予定頻度:2~3本/月)

  1. トップ
  2. 明日から使えるエクササイズ
タグで絞り込む

サンプル動画

10_10_10 Breathing

【リラクゼーション】最も汎用性が高い呼吸エクササイズの一つです。トレーナーが吸気・呼気・呼気後のホールドをカウントして3~5分辺りの呼吸量を調整します。過呼吸状態のクライアントに適応することで、酸素供給効率の改善とそれに伴う心身の機能向上が期待できます。

配信済のコンテンツ

  • ArmHold Relaxation

    ArmHold Relaxation

    【リラクゼーション】クライアントがどの程度「脱力」する能力があるかを調べるテストとして、または緊張を抑制する機能を鍛えるためのエクササイズとしても活用できる種目です。特に、緊張とリラクゼーションの使い分けができない過緊張気味のクライアントには大いにご活用いただけます。

  • 10_10_10 Breathing

    10_10_10 Breathing

    【リラクゼーション】最も汎用性が高い呼吸エクササイズの一つです。トレーナーが吸気・呼気・呼気後のホールドをカウントして3~5分辺りの呼吸量を調整します。過呼吸状態のクライアントに適応することで、酸素供給効率の改善とそれに伴う心身の機能向上が期待できます。

  • Dead Bug

    Dead Bug

    【リラクゼーション】インプリントの姿勢を維持しつつ、できる限りリラックスしながら行うエクササイズです。筋力的な要求度は低いのですが、過度に緊張しているクライアントにとっては逆に難しいタスクとなり得ます。適切な安静時の姿勢筋緊張を取り戻すことを目的に使うことが多い種目です。

  • Roll Up

    Roll Up

    【分節運動】脊椎を一つ一つ動かして脊椎周囲のトニックマッスルを活性する種目です。トニックマッスルの活性は適切なアラインメントや姿勢筋緊張を獲得するために必要不可欠な要素です。仰臥位のロール系種目は筋力的な要求度も高いため、ある程度の身体能力があるクライアントが対象です。

  • RoundBack Box Squat

    RoundBack Box Squat

    【立位】屈曲筋群の活性と下肢プッシュ機能の強化を目的として活用する種目です。ボックスと床の間で支持基底面と重心線が移動するため、通常のスクワットよりも高度な感覚の統合と身体制御性が求められるため、スクワット系エクササイズのプログレッションとしてお勧めです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3

配信予定のコンテンツ

  • Single Leg Box Squat

    Single Leg Box Squat

    【立位】下肢プッシュ機能の強化を目的として活用する種目です。片脚で身体を制御する必要があり一定以上の筋力が必要とされるため、スクワット系エクササイズのプログレッションとしてお薦めです。

  • Round Back Single Leg Squat

    Round Back Single Leg Squat

    【立位】下肢プッシュ機能の強化や後縦郭の拡張を目的として活用する種目です。片脚で身体を制御する必要があり一定以上の筋力が必要とされるため、スクワット系エクササイズのプログレッションとしてお薦めです。